危機関連保証制度に基づく認定

危機関連保証認定について

新型コロナウイルス感染症、東日本大震災やリーマンショックといった危機時に、全国・全業種を対象として、信用保証協会が通常の保証限度額およびセーフティネット保証の保証限度とは別枠で借入債務の100%を保証する制度です。

申請から認定までの期間

認定にかかる申請書を提出されてから、2~3営業日で認定書を発行します。

認定の有効期間

「認定書の発行の日から起算して30日間」としておりますが、令和2年1月29日から7月31日までの間に取得した認定書については、有効期限を令和2年8月31日までとします。

金融機関による代理申請

窓口混雑の緩和による感染症対策や認定書発行の迅速化等を図るため、金融機関による代理申請を推奨します。
ただし、金融機関による代理申請には委任状及び代理人の名刺が必要となります。
委任状(様式/Word形式

留意事項

  • 本認定は、信用保証を確約するものではなく、別途保証協会で審査があります。
  • 認定の有効期間内に金融機関または信用保証協会に対して、経営安定関連保証の申込みを行うことが必要です。

対象中小企業者

  • 主たる事業所が神戸町内にあること。
  • 新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、その影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高等が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む、計3か月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれること。

必要書類

  • 認定申請書 2部 (第6項様式/Word形式
  • 履歴事項全部証明書(写しでも可)※事業開始年月日が確認できる書類
  • 売上減少の事実が確認できる書類
    ① 最近1か月の売上高または販売数量が分かる書類
    ② ①の期間に対応する前年の売上高または販売数量が分かる書類
    ③ この後2か月を含む3か月間の売上高又は販売数量が分かる書類
    ④ ③の期間に対応する前年の売上高又は販売数量が分かる書類
    相違ないことを社印などで証明していただきます。
  • 委任状(様式/Word形式)及び代理人の名刺
    金融機関が代理で申請する場合に必要

必要に応じて、その他の資料を求めることがあります。

お問い合わせ産業環境課 産業振興係(窓口 13)   TEL:0584-27-0178