ごうど町長日記

神戸町長 画像イメージ
趣味

【令和元年8月15日】

 今年は、梅雨明け以降連日暑い日が続いています。本日15日、台風10号が広島県に上陸し、岐阜県内においても台風の影響で非常に不安定な天候となっています。災害につながる大雨や暴風が予想されていますので、皆さん、厳重な警戒をお願いしたいと思います。
 さて、8月10日(土)、快晴のごうどローズスタジアムにおいて、「第28回岐阜県還暦軟式野球夏季大会」の開会式が行われました。
 この夏季大会は、県還暦野球連盟に加入する58チーム(選手登録約1400人)の中で各地の予選に勝ち進んだ32チームが集い、8月10日から18日までの土日4日間の日程で、トーナメント方式において優勝を争います。選手の皆様には、暑い中ではありますが、体調管理を万全に、これまでの成果を存分に発揮され、勝利に向かって頑張っていただきたいと思います。
 令和元年の記念すべき大会が、昨年完成した「ごうどローズスタジアム」を主会場に盛大に開催いただけることは大変喜ばしく、開催にあたりご尽力いただいている大会関係者の皆さんに深く感謝申し上げます。
 なお、このスタジアムは、9月開催の「日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会」の軟式野球会場のひとつに選ばれており、ここでまた熱い戦いが繰り広げられることになっています。そちらの熱戦も期待するところです。

【令和元年7月30日】

 7月27日(土)から28日(日)にかけて、「2019夜叉ケ池伝説マラニック」が開催され、開会式に出席しました。
 この「マラニック」というのは、揖斐川町坂内にある雨乞い伝説の地「夜叉ケ池」までの、高低差の激しい山道約135kmを2日間で踏破するという、非常に過酷なレースであります。全国各地から“鉄人ランナー”が集結する、神戸町の真夏の恒例イベントとして定着しており、今年で27回目を迎えました。
 今年は、全国各地から331人がエントリーされ、北は北海道、南は九州長崎県、最高齢者は男性が78歳、女性は71歳でありました。
 今年の初日は、台風6号の影響もあり、強い雨の降る中でのスタートとなりましたが、ランナーは、それを物ともせず、元気よくスタートを切りました。2日目のコースになっていた夜叉ケ池登山については、雨の影響で足元が悪いため、中止になりましたが、それぞれのランナーが力を発揮しコースを踏破されました。
 今年の完走率は、79.2%ということでした。ランナーの皆様のあくなき向上心と挑戦に対し、心から敬意を表します。
 また、この大会には、多くのボランティアの方々にもご参加いただき、大会をサポートしていただきました。エイドステーションの充実と、沿道で温かい声援と拍手が、このマラニックの最大の魅力だと思っています。
 ランナーとボランティアの皆さん、大変お疲れ様でした。

【令和元年7月12日】

 今年、養老鉄道は「養老線全線開通100周年」を迎えました。
そこで、養老鉄道では、本年4月に全線開通100周年を迎えたことを記念し、本年度中に「100のイベント」を企画し、順次実施しているところです。
 このたび養老鉄道は、100のイベントの1つとして、株式会社サンリオのキャラクター「ハローキティ」を起用して、明日、7月13日(土)から「養老鉄道×HELLO KITTY」キャンペーンを実施いたします。
 このイベントの最大の目玉事業として、ハローキティと沿線市町の観光スポットをモチーフにデザインされたラッピング電車が同日から運行され、神戸町は、「バラ公園」、大垣市はたらい舟、揖斐川町は谷汲踊りと、沿線7市町の観光スポットが可愛らしいキティと一緒にデザインされています(2両目部分)。 
世界的に根強いファンがおり、子どもたちだけでなく女の子に人気のキャラクターである「ハローキティ」とコラボしたこの企画には、多くの注目が集まると思われます。
 このほかにも、ハローキティオリジナルグッズや1日フリー切符の販売などが行われる予定です。私たち沿線市町も今回のキャンペーンを利用して、町のPRに努めたいと考えています。

管理者サイト