ごうど町長日記

神戸町長 画像イメージ
趣味

【令和元年10月15日】

 このたびの台風19号は、大型で強い台風ということで、町としても最大級の警戒をしておりましたが、幸いにも、神戸町内におきましては、被害はなく大変安堵いたしました。しかし、関東地方から東北地方にかけては、台風による大雨で河川等が氾濫し甚大な被害が発生しました。災害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復旧をお祈りいたします。
 さて、今回で21回目を迎えました「どんとこい祭り」ですが、今年は残念ながら、台風19号の影響を考慮し、安全な運営に万全を期すため、屋外でのイベントはすべて中止といたしました。
 しかしながら、この「どんとこい祭り」は、毎年、町民皆様が大変楽しみにしていただいている、秋の一大イベントでありますので、1番のメインイベントであります、「ぎふチャンラジオの公開生放送」と、「お笑いショー」については、「なんとか開催できないか」ということで、実行委員会で協議し中央公民館大ホールにおいて開催することができました。
 当日は、会場に入りきれないお客様のために、少しでもその雰囲気を楽しんでいただこうと、「パブリックビューイング会場」を設け、その様子を放映させていただきました。こちらも大変多くの方にご利用いただきました。
 今年も、実行委員会の皆様をはじめ、関係各位のご協力により、このように今年も開催できましたこと、心から感謝を申し上げ、次回も盛大に開催できるよう準備を進めてまいりたいと思います。

【令和元年10月8日】

 10月に入り朝晩は涼しくなり過ごしやすくなりました。
 さて、10月6日(日)、町民と職員の有志で進めている「神チャレンジプロジェクト(通称:神チャレ)」の1つの事業として、「行こうよ!秋の夜叉ケ池」と名付けた登山イベントを開催しました。
 当日は、申し込みをした約40人の方々が、役場からジャンボタクシーに分乗し、夜叉ケ池に向かい、登山インストラクターからの説明を受けながら登山をしました。この日、神戸町は晴天でしたが、夜叉ケ池山頂は、時折日が照るときもあったそうですが霧雨が降り、足場も濡れていたということです。小学生の子どもから大人まで、頑張って全員が登頂を果たし無事に帰町されたということでした。
 参加者からは、「湖がとても神秘的だった。」「夜叉壁は怖かったけど登れてよかった。」「昔の人はよくここまで登ってこれたと、感心した」と様々な感想が聞けたそうです。
 揖斐の山に神戸町にゆかりの地があり、みんなでその場所を訪れ、思いを馳せることは、大変素晴らしいことだと思います。このように良い企画を実行していただいたメンバーの方々に対し感謝するとともに、今後も神戸町への愛着を深める事業を行っていただきたいと思います。

【令和元年9月20日】

 いよいよ、9月21日(土)、22日(日)の2日間、日本スポーツマスターズ2019ぎふ清流大会 軟式野球大会がごうどローズスタジアムで開催されます。
 日本スポーツマスターズの軟式野球大会は、40歳以上の選手が参加する全国大会で、県内4つの会場に分かれて実施され、神戸町もその1つの会場として使用されます。
 神戸町では、群馬県、大分県、熊本県、大阪府、神奈川県、北海道、石川県、そして、我が岐阜県のチームの試合がそれぞれ行われます。40歳以上とはいうものの、どのチームとも、各県における厳しい、戦いを勝ち進んできたチームですので、かなりレベルの高い試合が繰り広げられることが予想されます。
 神戸町にとっては、このような全国規模の大会の会場となることは初めてのこととなります。明日、明後日の天気は雨の予想ではありますが、全国レベルの大会を間近で観戦できますので、是非とも球場まで足をお運びいただき、熱い応援をお願いしたいと思います。

管理者サイト