ごうど町長日記

神戸町長 画像イメージ
趣味

【令和2年10月15日】

 昨日10月14日(水)、雷雨の影響で代替開催となったFC岐阜と「ブラウブリッツ秋田」との対戦が長良川競技場であり、試合開催前のキックインセレモニー(センターサークルに向けてボールを蹴り入れる)を務めさせていただきました。現在J3首位の秋田との一戦ということもあり、平日にもかかわらず大勢のサポーターの方々が観戦に訪れていました。大変緊張しましたが大役を務めさせていただき、いい記念となりました。また、スタジアムで観戦させていただき、選手の気迫あるプレーを生で観て大変興奮いたしました。
 試合結果は、サポーターの熱い声援虚しく0-5の大差での敗戦となり、今季無敗で首位を守る秋田との対戦とは言え、非常に残念な結果となってしまいました。
 昨年FC岐阜は、J2から降格しこの1年での復帰を目指していますが、昇格できる2枠に入るために、今後も一戦一戦がとても重要となっています。現在の順位が5位ということで、まだまだ諦めることなく昇格に向け頑張ってほしいと願っています。選手の皆さんの活躍を期待しています。
(写真提供:FC岐阜)

【令和2年9月23日】

 秋の4連休は、安定した天候が続き、日中こそ汗ばむ陽気となりましたが、朝晩は大変涼しく感じられました。寒暖の差がありますので体調管理には十分注意していただきたいと思います。
 さて、先週、町議会9月定例会が閉会し、新型コロナウイルス感染症対策事業にかかるの追加予算についてご承認いただきました。
 追加した主な経済対策としては、町指定ごみ袋を町内全世帯に2袋(20枚)を配布するほか、75歳以上の高齢者の方に神戸町商工会加盟店で使用できる商品券1,000円分を、敬老会の記念品に追加して配布いたします。また、感染拡大を予防しながら自治会活動を進めていただくための自治会活動再開支援補助制度や、企業支援としての特産品開発支援事業補助金を創設します。教育分野では、小中学校が感染拡大により再び臨時休校等になった場合でも、家庭でWeb配信授業を受けることできるように備品購入の予算を計上しました。
 なお、今回のコロナ対策は、国の2次補正予算における地方創生臨時交付金を利用したもので総額約1億円の予算規模となりました。新型コロナの感染予防のための新しい生活様式が浸透する中、行政としてもしっかりと対応していきます。

【令和2年9月11日】

 町では、4年ぶりに洪水ハザードマップを更新し、9月広報と一緒に全戸へ配布させていただきました。皆さん、ご確認いただきましたでしょうか。今回作成したハザードマップは、前回(平成28年度)作成したものとは想定している雨量が違い、現在の想定をはるかに超える浸水被害が発生した場合を示しています。これは、近年全国各地でこれまで経験したことのない浸水被害が多発しているためで、状況によりどちらも使用していただくことができます。
 9月6日(日)、この日は、町総合防災訓練を実施する日ではありましたが、新型コロナ感染拡大の影響で中止として、各区の区長や防災リーダーの方にお集まりいただき、「自主防災リーダー研修会」を開催しました。
担当職員より、マップの見方や避難行動を解説したガイドブックについて、さらに新型コロナウイルス感染症対策としての分散避難についても説明をさせていただきました。
 私たちは、コロナ禍において台風の脅威と向き合うという、これまで経験したことにない状況で、様々な備えを行う必要があります。町民の皆様におかれましては、ハザードマップでご自宅の場所を確認いただき、避難行動の一助にしていただきたいと思います。