ごうど町長日記

神戸町長 画像イメージ
趣味

【令和元年7月12日】

 今年、養老鉄道は「養老線全線開通100周年」を迎えました。
そこで、養老鉄道では、本年4月に全線開通100周年を迎えたことを記念し、本年度中に「100のイベント」を企画し、順次実施しているところです。
 このたび養老鉄道は、100のイベントの1つとして、株式会社サンリオのキャラクター「ハローキティ」を起用して、明日、7月13日(土)から「養老鉄道×HELLO KITTY」キャンペーンを実施いたします。
 このイベントの最大の目玉事業として、ハローキティと沿線市町の観光スポットをモチーフにデザインされたラッピング電車が同日から運行され、神戸町は、「バラ公園」、大垣市はたらい舟、揖斐川町は谷汲踊りと、沿線7市町の観光スポットが可愛らしいキティと一緒にデザインされています(2両目部分)。 
世界的に根強いファンがおり、子どもたちだけでなく女の子に人気のキャラクターである「ハローキティ」とコラボしたこの企画には、多くの注目が集まると思われます。
 このほかにも、ハローキティオリジナルグッズや1日フリー切符の販売などが行われる予定です。私たち沿線市町も今回のキャンペーンを利用して、町のPRに努めたいと考えています。

【令和元年7月4日】

 先週後半から、梅雨前線が本州付近に停滞し、特に九州の熊本県、鹿児島県では、断続的に雨が降り土砂災害、冠水等の被害が発生しました。今回は東海地方も大雨の心配がされましたが、特段大きな被害はありませんでした。しかし、不安定な天気は、まだまだ続くようです。
 さて、6月26日(水)、中央公民館大ホールにおいて「町政報告会」を開催させていただきました。
 私は、この町政報告会を毎年継続的に開催させていただくことで、財政状況の推移や、現在抱えている問題である「人口減少問題」、「少子高齢化傾向」に対する対策をご理解いただきたいと思っています。
 今回で9回目の開催となる、この報告会には、303人の方がご参加いただき、報告の後、数人の方からの質疑等があり貴重なご意見を頂戴することができました。
 また、報告会終了後に行ったアンケートでは、今回の町政報告会への感想のほか、日頃皆さんが考えている町政への思いや要望など、忌憚のないご意見をいただくことができました。様々な角度からいただく要望やご意見をしっかり受け止めて、今後の町政運営に活かしていきたいと思っています。

【令和元年6月18日】

 6月17日(月)、岐阜県警察本部にて、岐阜県警察の今林本部長より、神戸町と大安地区交通安全協会神戸支部(宇野利彦支部長)に対して、本町における交通死亡事故ゼロ1,000日を達成したことを記念し、感謝状をいただきました。
 これは、神戸町内における交通死亡事故が、平成28年7月23日から平成31年4月18日までの1,000日間、発生しなかったという素晴らしい記録で、このたび、このような節目を迎えることができ、大変誇りに感じています。
 今林本部長からは、町が、警察、交通安全協会と三位一体で交通安全対策に積極的に取り組んでいること、また、高齢者の足の確保としての、「ばらタク事業」を実施していることなどを評価いただきました。
 町では、交通安全対策として、危険を周知する看板の設置や、道路の「カラー舗装」、ドライバーに交通安全を呼びかける街頭啓発活動など、ハード、ソフトの両面にわたり取り組みを行っています。このほかにも、子どもたちの通学路における安全サポーターの皆さんの見守り活動など、今回のこの記録は、交通安全に関わるたくさんの町民の方々の地道な活動の賜物であると思っています。
 現在もこの記録は継続中であります。1日でも長く継続できるように、より一層交通安全啓発に力を入れ、これまでどおり三位一体で取り組んでまいりたいと考えています。

【令和元年6月14日】

 6月14日(金)、大垣市にある岐阜協立大学(前岐阜経済大学)との包括連携協定を締結しました。
 この「包括連携協定」は、まちづくり、環境保全、生涯学習、スポーツ、地域福祉など、幅広い分野において相互協力して、協働のまちづくりを進めることを目的に締結しました。
 これまでも、町では、人口減少問題研究会を立ち上げた際や、総合計画や都市計画マスタープランを策定する際に、ご意見をいただくなど、個々の分野において、大変お世話になってきました。今回、互いの発展と人材育成を図るための協定を結び、今後、重要な政策を進めていくうえで、より一層深く関わっていきたいと願っているところです。
 最初の取り組みとして、町職員と経済学部学生と財政研究会を立ち上げ、町の財政状況についての共同研究を行い、財政運営の方向性をまとめる活動を始めます。
 今回の大変有意義な協定締結を機に、今後さらに町の活性化と発展に取り組んでいきたいと考えています。

管理者サイト