ごうど町長日記

神戸町長 画像イメージ
趣味

【令和2年8月3日】

 7月31日(金)、県は、新型コロナウイルス感染症の「第2波非常事態」を発表しました。県内においては、7月から急激に感染者数が増加しており、7月30日時点で、県が設定した新規感染者数や陽性率などの5つの指標項目の指標のうち3つが基準を超えています。
 感染者の傾向として、学校でクラスターが発生するなど、特に「若者」の感染者が急増しています。さらに約6割が愛知県の由来で、そのうち愛知県内の酒類を伴う飲食店での感染が約7割超ということでした。そのため、愛知県、特に名古屋での酒類を伴う飲食を回避するように呼びかけが行われました。
 県内における第2波は、このような傾向がありますが、いずれにしても、町民の皆様におかれましては、「人との距離確保」「マスク着用」「手洗い」という、これまでも行っている感染防止対策の基本を徹底し、感染防止に努めていただきたいと思います。

【令和2年7月17日】

 昨日7月16日の新型コロナウイルス感染者数は、「緊急事態宣言」解除後、初めて1日の感染者数が600人を超えるなど、徐々に全国へ感染が広がりつつあります。岐阜県内においても、7月14日から感染者が連日確認されるなど、今後の感染状況を注意深く見守る必要があります。
 新型コロナや災害など心配な話題もある一方、明日からは、中止となった全国高校野球選手権大会の代替え試合である、「2020夏季県高校野球大会(岐阜県の独自大会)」が県内各地で開催されます。新型コロナの影響を受けて様々な変更がありましたが、悔いのないよう、全力プレーを期待したいと思います。
 また、神戸中学校の3年生の生徒の皆さんにおいては、こちらも明日から、各種目において最後の締めくくりとなる中体連に代わる試合が始まります。熱中症等には十分気を付けながら、仲間とともに奮起し頑張っていただきたいと思います。良い報告が聞けることを期待しています。

【令和2年7月6日】

 4日未明から熊本県南部を中心として発生した豪雨災害は、河川の氾濫、土砂災害により、多数の死者、行方不明者が発生するなど、甚大な被害となりました。被災された方々におかれましては、お悔やみとお見舞いを申し上げます。明日以降も大雨が予想されており、さらに厳重な警戒が必要となっています。
 さて、昨日町では、八条区にあるふれあいセンターにおいて、「新型コロナウイルス感染症に対応した避難所開設訓練」を実施いたしました。
 今回の訓練は、梅雨前線の活発な活動により記録的な大雨が発生、訓練対象区(八条・東方・前田区)に「避難準備・高齢者等避難」を発令した、と想定し、対象区の区民の皆さんにもご参加いただき、避難者の受入から、開設に係る手順を確認いたしました。
 通常込み合う避難所の受付は、間隔を取って並んでいただき、体温チェックを行い施設内に入り、各部屋に防災資機材である簡易間仕切りを職員と一緒に設置いたしました。今回は、さらに写真にもありますように新型コロナの感染対策として、さらに背の高い段ボール製の仕切りも設置して、感染防止策を講じました。
 これから梅雨や台風、集中豪雨と、秋にかけて大雨に対して備えが必要な時期に、今後は新型コロナの対策が加わり、避難所を開設する際は様々な準備が必要となりました。今回の訓練は、今後の段取りを確認する上でも有効な訓練となりました。今回の訓練を検証して、今後の対策に活かしてまいりたいと考えています。