新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

概要

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は、海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、接種者からの申請に基づき交付するものです。渡航以外の目的での公的な証明書としての効力はありません。
当面の間は、書面による交付となります。
入国時に当該証明書の提示を求める国や、証明書の提示による制限緩和措置等につきましては、外務省のホームページをご覧ください。

外務省ホームページ(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置について)

接種済証(又は接種記録書)と接種証明書のちがい

予防接種済証

接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請時に必要となります。

接種を受けた日付・場所・接種したワクチンの情報が記載されているものです。
接種後に接種会場にて、接種券の右側に上記の情報が記載されます。
職域接種などで接種券を持たずに接種を受けた場合には、上記の情報を記載した「接種記録書」を接種会場で受け取ることができます。

接種証明書(ワクチンパスポート)

ワクチンの接種記録(ワクチンの種類・接種年月日など)と、接種者に関する事項(氏名、生年月日、旅券番号など)が記載されています。海外渡航時に利用できるよう、日本語と英語で表記してあり、偽造防止対策を行っています。

参考:接種券(予防接種済証)

参考:接種記録書 ※接種券を持たずに接種を受けた場合

参考:接種証明書

交付までの流れ

  • 新型コロナワクチン接種を受ける
  • 接種会場にて、接種券に接種済証の記載を受ける(または接種記録書を受け取る)
  • 接種証明書申請書を記入し、を準備する
  • 保健センター窓口で申請をする(町外居住者のみ郵送も可能)
  • 申請後1~2週間で交付

交付対象者

以下の2条件のいずれにも当てはまる方

  • 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、接種券を使用した通常接種等)を受けたこと。
  • 我が国から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

国外で接種を受けた方(我が国の予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象となりません。

申請方法

  • 窓口申請
  • 郵送申請(町外に居住している場合のみ)

交付方法

  • 窓口交付
  • 郵送交付(町外に居住している場合のみ)

必要書類等(1~4までは必須、5~8は必要に応じてご用意ください)

  • 申請書 →様式はこちら
  • 海外渡航時に有効なパスポートの写し(旅券番号・氏名が確認できるページ)※1
  • 接種済証のある接種券または接種記録書の写し
  • 住民票上の住所の記載がある本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカード等)
  • 申請者の所在(送付先)が確認できる書類等の写し(施設入所の契約書等)※2
  • 旧姓・別姓・別名の記載が確認できる書類の写し(旧姓併記のされたマイナンバーカードや住民票の写し等)※3
  • 委任状及び代理人の本人確認書類の写し※4 →様式はこちら
  • 返信用封筒(宛名の記載と必要料金分の切手を貼ってください)※5

※1 接種証明書に記載する氏名について、パスポートと異なる表記を希望する場合は、パスポートの表記を変更する手続きをおこなってください。パスポートを所持していない場合は、パスポートが交付された後に申請を開始してください。

※2 郵送送付を希望される際に、送付先が住民票所在地と異なる場合に必要です。

※3 旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合に必要です。

※4 接種を受けた方以外の方が申請される場合に必要です。(未成年者の場合は保護者の申請となるため不要です。)

※5 郵送交付を希望される場合に必要です。

申請先

神戸町保健センター
接種を受けた際のワクチン接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)で申請となります。転居等で1回目接種時と2回目接種時の住所が異なる場合は、接種を受けた時点で住民票があったそれぞれの市町村が申請先となります。

参考

厚生労働省ホームページ(海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について)


お問い合わせ神戸町新型コロナウイルスワクチン接種対策室(神戸町保健センター内)   TEL:0584-27-7555