ごうど出産・子育て応援金事業(国の出産・子育て応援給付金)

 核家族化が進み、地域のつながりも希薄となる中で、全ての妊婦や子育て家庭が安心して出産・子育てができるよう、国の施策として「出産・子育て応援交付金」が創設されました。
 妊娠期から出産・子育てまで一貫して身近な相談に応じ、様々なニーズに即した必要な支援につなぐよう「伴走型相談支援※1」を充実し、子育て世代の経済的負担軽減のための「経済的支援※2」を一体として実施します。

※1…伴走型相談支援
地区担当保健師等が妊娠届出時や妊娠7か月前後(希望者)、出生届出後のこんにちは赤ちゃん訪問時における面談や継続的な情報発信等を行い、必要な支援につなぐ取り組みを行うことです。

※2…経済的支援
下記2つの給付金を給付します。

種類(国の出産・子育て応援給付金) 給付対象者 給付額
ばら菜っこ出産応援金 妊婦 妊婦1人につき5万円
すくすく子育て応援金 子どもを養育する方(原則母または父) 子ども1人につき5万円

応援金の給付内容と申請方法

区分 給付内容 申請の案内方法
令和5年1月19日以降に妊娠届出書を提出された方 妊娠届出時の面談時にアンケートを記入された方に「ばら菜っこ出産応援金」を申請後給付。 妊娠届出時に案内
(母子健康手帳交付時)
こんにちは赤ちゃん訪問時(生後2か月頃)にアンケートを記入された方に「すくすく子育て応援金」を申請後給付。 出生届出時に案内
令和4年4月1日から令和5年1月19日までに妊娠届出書を提出された方

◆こんにちは赤ちゃん訪問が済んでいる方

「ばら菜っこ出産応援金」及び「すくすく子育て応援金」を申請後給付。

◆こんにちは赤ちゃん訪問がまだの方

「ばら菜っこ出産応援金」を申請後給付。
乳児家庭全戸訪問時(生後2か月頃)にアンケートを記入された方に「すくすく子育て応援金」を申請後給付。
令和5年1月下旬に郵送にて案内送付
令和4年3月31日以前に妊娠届出書を提出し、令和4年4月1日以降に出産された方 「ばら菜っこ出産応援金」及び「すくすく子育て応援金」を申請後給付。 令和5年1月下旬に郵送にて案内送付

事業の流れ

1.ばら菜っこ出産応援金の給付

  • 妊娠届出時の面談(場所:神戸町保健センター)※事前にご連絡ください。
  • 応援金申請書、アンケート、振り込みに必要な書類の提出
  • 応援金の給付

2.妊娠6~8か月ごろにアンケートの実施、希望者に電話相談または面談の実施

対象の方には両親学級のご案内と一緒に郵送します。
何らかの理由により妊娠中断をされている方を把握する方法がないため、妊娠の届出をされた方全員にご案内します。連絡をいただければ、ご案内を控えさせていただきます。

3.すくすく子育て応援金の給付

  • 出生届出時に応援金申請書をお渡し
  • 保健師によるこんにちは赤ちゃん訪問時の面談
    生後1か月半ごろに日程調整のお電話をさせていただきます。
  • 応援金申請書及びアンケートを訪問時にお預かり
  • 応援金の給付

応援金の受給方法

申請書の受理後に給付決定をおこない、1~2ヶ月後に指定口座への振り込みを行います。
里帰り中または入院中等で申請が困難な場合は、保健センターへご相談ください。
申請者は原則妊婦または産婦となります。

神戸町に転入された方へ

妊娠中に神戸町に転入された場合は、妊婦健康診査受診票の交換等が必要となりますので、神戸町保健センターへご相談ください。

神戸町から転出された方へ

国の出産・子育て応援給付金(神戸町の場合は、ばら菜っこ出産応援金及びすくすく子育て応援金)を申請する前に転出された場合は、転出先の市町村にお問合せください。

申請者の希望により、転出前後どちらの市町村でも申請が可能です。
転出先自治体での手続きが困難な場合等がありましたら、神戸町保健センターにご相談ください。

お問い合わせ保健センター   TEL:0584-27-7555