新型コロナウイルスワクチン接種について

神戸町では、国の示す接種順位等に従ってワクチン接種を実施しています。令和3年7月2日現在での情報は、下記のとおりです。
国からの情報に変更があった場合、スケジュールや内容等に変更が生じる可能性があります。


接種の概要について

新型コロナウイルスワクチン接種は強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行います。希望するすべての町民の皆様が受けられるよう、体制整備をおこなっております。

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

接種券の発送(7月16日(金)に一斉発送)

7月号の広報と一緒に配布されたワクチン接種に関するご案内から内容が変更となりました。

対象者 接種券発送日 予約開始日
昭和32年4月1日以前に生まれた方 すでに接種がはじまっています
基礎疾患等を有する方
昭和32年4月2日~昭和37年4月1日に生まれた方
7月16日(金) 接種券が届き次第
昭和37年4月2日~昭和47年4月1日に生まれた方 7月26日(月)9時00分~
昭和47年4月2日~昭和57年4月1日に生まれた方 8月 2日(月)9時00分~
昭和57年4月2日~平成4年4月1日に生まれた方 8月 9日(月)9時00分~
平成4年4月2日~平成14年4月1日に生まれた方 8月16日(月)9時00分~
平成14年4月2日~平成18年4月1日に生まれた方 8月23日(月)9時00分~
平成18年4月2日~平成22年4月1日に生まれた方 今後の国・県の動向によりお知らせします。

基礎疾患等を有する方とは、優先接種意向調査ハガキを返信された方になります。優先接種をご希望の方でハガキを返信されていない方は、保健センターまでご連絡ください。
(基礎疾患等を有する方については、こちらをご覧ください。)

基礎疾患等を有することの診断書や証明書等は必要ありません。

平成21年4月2日~平成22年4月1日に生まれた方については、誕生日の前日から(12歳になってから)接種が可能となりますので、ご注意ください。

接種券の発送の補足

  • 接種券は発送日からお手元に届くまでに数日かかりますので、ご了承ください。発送日から1週間以上たっても届かない場合は、神戸町新型コロナウイルスワクチン接種対策室(保健センター内)までご連絡ください。
  • 接種券は令和3年6月15日時点で住民票のある住所地に送付いたします。発送日の前日までに転出等された方については、接種券は交付されませんので、現在住民票のある住所地で接種券発行の手続きを行ってください。転入等で他市町村の接種券をお持ちの場合は、神戸町新型コロナウイルスワクチン接種対策室(保健センター内)までご連絡ください。
  • 医療従事者等ですでに接種がお済の方に接種券が届いた場合は、発行されている接種済証と一緒に保管をお願いいたします。

神戸町以外で接種予定の方へ

職域・大規模接種会場・大学・町外医療機関等で接種を希望される場合は、上記の接種券発送日に先行して接種券を発行いたしますので、神戸町新型コロナウイルスワクチン接種対策室(保健センター内)までご連絡ください。

ワクチンの種類について

神戸町の接種ではすべてファイザー社製のワクチンを使用する予定です。

接種までの流れ

  • 町から接種券の入った封筒が届きます。
  • 予約開始日以降にコールセンター(電話またはWeb)でワクチン接種の予約をとります(接種券の番号が必要になります)。集団接種または個別接種のいずれかで予約してください。
  • 予約日に会場で接種を受けます。
  • 1回目の接種が終わったら、2回目の接種日のご案内をいたします。(予約は不要です)

2回目の接種は、1回目の接種から3週間後を目安に、同じ接種会場でご案内いたします。原則、変更はできかねますので、ご了承ください。 やむを得ず変更される場合は、1回目の接種から3日後以降に、コールセンター(電話)へご相談ください。

接種場所

原則、住民票所在地の市町村での接種となります。接種場所は、1.町が設置する特設会場で行う「集団接種」、2.身近な病院・診療所等で行う「個別接種」の2つの方法で実施します。

  • 集団接種…神戸町中央公民館1階
  • 個別接種…町内の診療所(大垣北クリニック・黒川胃腸科外科クリニック・下野内科・高田医院・田中医院・まつながファミリークリニック)
    診療所等によっては対象年齢を制限しているところもありますので、予約時にご確認ください。
住所地以外で接種を希望される方はこちら

住所地外で接種を希望される方へ

新型コロナウイルスワクチンの接種は、原則、住民票所在地の市町村で接種を行います。 しかし、やむをえない事情で住民票所在地で接種が受けられない場合は、国の指針にもとづき、市町村で手続きをした上で、住民票所在地以外で接種を受けることができます。

やむをえない事情の方の例

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院、入所者
  • 基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要がある者
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する者
  • 町外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける者
  • 災害の被害にあった者
  • 勾留または留置されている者、受刑者
  • その他町長がやむを得ない事情があると認める者

接種を受けるための手続き

原則、接種を受ける前に申請が必要となります。

  • 窓口申請
    接種を受ける医療機関所在地の市町村の窓口に、「住所地外接種届」及び「接種券(写し)」を提出してください。内容を確認後、住所地外接種届出済証を交付します。住所地外接種届はこちら
  • Web申請
    厚生労働省のWebサイトからの申請になります。詳細が決まり次第お知らせいたします。

手続きを省略することができる場合について

以下に該当する場合は、市町村への手続きを省略することができます。
なお、接種を受ける時点において、現にその状態にある人に限ります。

  • 入院、入所者
  • 基礎疾患があり、主治医の下で接種する必要がある者
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する者
  • 町外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける者
  • 災害の被害にあった者
  • 勾留または留置されている者、受刑者
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である者
  • 国または都道府県等が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域に居住している者に限る)
  • 職域接種を受ける場合
  • その他町長がやむを得ない事情があると認める者

※接種を受ける際には、接種予定の医療機関に予約方法等について確認してください。

接種費用

接種の費用は無料です。

予約方法

必ず予約が必要です。下記のどちらかの方法で予約をしてください。

1.ワクチン接種専用コールセンター(電話)で予約

TEL 0120-500-892(フリーダイヤル)
受付時間 9時00分~18時00分(日曜除く)

2.Webで予約

Web予約はこちらから

※注意事項

  • 新型コロナウイルスワクチン接種券がお手元にあり、予約開始日を迎えている方が対象です。
  • 医療機関での接種を希望される場合も、コールセンターで予約してください。
     ただし、町外の医療機関で接種を希望される場合は、こちらをご覧ください。
  • ワクチンの入荷状況により、ご希望の日に接種ができないことがありますのでご了承ください。

ワクチンの副反応について

ワクチン接種後に、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・発熱・筋肉痛等がみられることがあります。
接種後に気になる症状(特に、2日以上続く発熱や、のどの痛み、咳、味覚や嗅覚の消失等)が現れた場合や、症状が重い場合は、かかりつけ医または保健センターへ相談してください。
また、岐阜県ワクチンコールセンターでも、ワクチン接種の効果や副反応について対応しています。

岐阜県ワクチンコールセンター
TEL:058-272-8222
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も対応)

予防接種健康被害救済制度について

ワクチン接種後に、接種を受けたことによる健康被害が生じた場合、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

関連情報

新型コロナワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、首相官邸ホームページまたは厚生労働省ホームページをご覧ください。

首相官邸ホームページ(ワクチンについて皆さまに知っていただきたいこと)

厚生労働省ホームページ(新型コロナワクチンについて)

厚生労働省ホームページ(新型コロナワクチンQ&A)

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口が設置されています。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
TEL:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)


お問い合わせ神戸町新型コロナウイルスワクチン接種対策室(神戸町保健センター内)   TEL:0584-27-7555